温活news

平熱が下がる!? 気をつけたい低体温の話

date 2016.5.9

b9e026b4981b1029badb5abc84bdb17a_s

 

基礎体温は、女性のからだのリズムで変動します。では、平熱も変動していることはご存じでしょうか?

 

平熱には明確な定義はありませんが、活動時の体温のことを指します。体温は、1日のなかでも、朝や夜は低く、日中は高くなります。このように、体温を測るタイミングや発熱などで、1~2℃程度変わることもあるんです。

 

一般的に、平熱が36℃未満を「低体温」といい、冷えの症状が出たり、消化不良や疲れやすいといった不調を引き起こします。また、自律神経のバランスを崩したり、心身の不調を招いたりする原因にもなります。

 

何より、「平熱の平均は○℃! 1℃下がるごとに起きることとは?」でもお伝えしたように「体温が1℃下がるごとに免疫力は30%も低下する」ことも……。

 

低体温は「実際は冷えているのに、本人は冷えに気づいてない」場合もあります。自分の平熱に自覚がない人は、まずは基礎体温をつけて、自分の体温を把握するようにしましょう。そして、平熱が低い原因を確認すること。

 

冷えの原因がわかれば、食事や運動、衣服、睡眠、入浴など日常生活のケアで少しずつ改善していきましょう。そのときには、ぜひ、omron式美人のサイトを参考にしてくださいね。

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。