温活セルフケアダイアリー

春の野草よもぎで冷えを解消しよう

date 2016.5.6

散歩中にたくさんのよもぎを見つけ、懐かしくなり摘んできました。よもぎと言えば土手や広場などで目にする身近な野草ですが、栄養が豊富で冷えや女性特有の悩みにとても効果的です。今回はよもぎの効果と取り入れ方をご紹介させていただきます。

 

image45

 

■よもぎ餅

よもぎはカロテン、ポリフェノール、鉄分やカルシウムを多く含んでおり、食べることで貧血や冷えの改善に役立ちます。中でもよもぎと言えば真っ先によもぎ餅を思い浮かべる人も多いと思いますが、よもぎと餅の組み合わせは体を中庸にする食べ物としてマクロビオティックでも広く知られています。中庸とは陰性と陽性の中間という意味で、中庸の食材を摂ることで体のバランスが良くなり、心身をリラックスさせてくれます。

 

■よもぎ風呂

よもぎを使ったよもぎ風呂は解毒、冷えに効果的です。よもぎの葉に多く含まれているクロロフィルは、食物繊維の5000分の1の大きさで、小腸絨毛に溜まったダイオキシンや残留農薬、有害金属を取り除き、デトックスを促します。また、クロロフィルは血流を良くしてくれるため、よもぎ風呂に入るとポカポカと体が温まります。子宮を中心とした下腹部を温めるので、生理痛や産後の肥立ちが気になる方も取り入れるといいでしょう。

 

image1

 

■よもぎ風呂の作り方

よもぎの葉の汚れを落とし、日陰干しにして乾燥させます。乾燥したよもぎの葉をお茶パックなどに入れれば、よもぎの入浴剤が完成です。お湯を沸かす前から浴槽に入れておけば成分が多く抽出し、高い効果が得られるでしょう。春のよもぎは特に香りが高く、爽やかな香りが浴室に広がります。よもぎの香りは脳神経を鎮静化する作用があるため、リラックスや安眠に効果があります。

 

その他にも、よもぎ茶や天ぷら、よもぎ蒸しなど様々な活用法のあるよもぎは、日本を代表する薬草の1つです。皆さんのお近くにもきっと生えていると思います。ぜひ、よもぎ積みに出掛けてみてはいかがでしょうか。

 

 

3

ホリスティックビューティインストラクター 高井里奈

http://www.bijinonkatsu.jp/onkatsu/109.html

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。