温活news

乾燥には「はちみつパック」でうるおいを

date 2016.3.28

 

「春先になると、お肌がカサつく」という方はいませんか? 季節の変わり目はお肌の調子がゆらぎやすくなるもの。さらに、まだ肌寒さを感じる季節のため、からだが冷えることによって血行が悪くなり、お肌の新陳代謝に影響を与え、乾燥しやすくなることもあるんです。

 

この時期、お肌のカサつき対策としてオススメなのが、お家で手軽にできる「はちみつパック」。はちみつには、お肌をしっとりさせる保湿作用やニキビ対策になる殺菌作用があるといわれています。また、お肌を整えるビタミン類も豊富なんです。

 

「はちみつパック」と、はちみつを使って手軽にできるスキンケアをご紹介します。

 

● お風呂で「はちみつパック」

入浴中に、大さじ1杯程度のはちみつを顔に伸ばし、5分~10分ほどおいてから洗い流します。オリーブオイルなどの植物油と、はちみつと同量程度まぜて使うと、伸びがよくなりますよ。余った分は首やデコルテに伸ばしてもOK。

 

● リップにもはちみつを

入浴中に、はちみつを唇におき、その上にサランラップをのせ、5分ほどパックします。唇がガサガサになりやすい方はお試しを。

 

● いつものスキンケアにはちみつを

乾燥対策には、パックだけでなく、手持ちのスキンケアアイテムにはちみつを加えるのもアリ。たとえば、化粧水にほんの少しだけはちみつをまぜて、毎日のお手入れに使ってもうるおいアップ。

 

「はちみつパック」を行う際には、はちみつの選び方にご注意を。砂糖や水あめ、添加物が含まれていない、純度100%、非加熱のはちみつを使ってください。お肌の弱い方は、腕などに少量のはちみつを置いて数分待ち、肌にトラブルがおきないか確認してから行いましょう。

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。