温活news

寝起きのだるさ、昼間のウトウトは「手浴」でスッキリ!

date 2015.6.1

洗面器

 

朝起きてもだるい、夜しっかり寝ても昼間にウトウト……。その原因はプロゲステロンという眠気を引き起こす女性ホルモンのせいかもしれません。プロゲステロンは排卵後から次の月経まで分泌が急増します。いつもよりも眠気にまつわる不調が出ていたら、この排卵後~月経までの時期特有の症状かどうかを、基礎体温などと照らし合わせて確認してみましょう。

 

どうしても眠気で困っているときには、短時間でできる「手浴」をためしてみるのもいいかもしれません。やり方は簡単。洗面器に少し熱めに感じる程度のお湯をはり、手を浸すだけ! おすすめは15分間。血行が良くなり、脳が活性化するので眠気がスッキリとひいていきます。ひじまで浸かれれば、効果はよりアップ。洗面器のお湯にお気に入りのアロマオイルを垂らしたら、気分までリフレッシュできますよ。

 

「手浴」を行うのも難しい! という方は、濡らしたタオルをレンジで温めた、蒸しタオルで代用してみましょう。温かいタオルで手をつつむだけでも、血行がよくなり肩こり解消の手助けにもなります。

 

「手浴」を味方にして、女性特有の眠気とうまく付き合っていきましょう。

 

手浴は冷え性改善にも効果があります!詳しくはこちらから

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。