温活news

ひな祭りには女性にうれしい甘酒を

date 2016.2.29

pixta_2066516_S

もうすぐひな祭り。甘酒や白酒でお祝いする女の子の行事ですが、この甘酒は、あたためにも、女性のキレイにもうれしい飲み物なんです。寒い冬の朝に、トロリとした甘酒を飲むと、お腹のなかからあたたまりますよ。

甘酒には「米こうじから作られたノンアルコールのもの」と、「酒粕から作られたアルコールを含んでいるもの」の2種類があります。ここでは、米こうじから作られた甘酒についてご紹介します。

米こうじから作られた甘酒には、食物繊維やオリゴ糖など、腸内のはたらきをたすける成分がたくさん含まれているため、腸内環境を整えます。「ひと口30回が目標! 食事を「よく噛む」だけで温活に」でも、ご紹介したように、腸内環境が悪いと、代謝や血行にも影響を与えますので、腸内環境を整えることは、冷え対策にもつながります。

また、甘酒は、ビタミンB1、B2、B6、必須アミノ酸などの、お肌にツヤやうるおいを与え、整える栄養素を豊富に含んでいるため、女性のキレイに役立つ効果も期待できるんです。自然な甘さがあり、満足感もあるので、小腹が空いたときの、ダイエット中のおやつにもぴったり。

甘酒だけでは「甘さが強い」と感じる場合は、豆乳(または牛乳)を、甘酒と1対1で割るとグッと飲みやすくなりますよ。ショウガやシナモンを加えてアレンジすると、スパイシーなおいしさが楽しめます。

今年のひな祭りは、女性にうれしい甘酒でホッとあたたまるのはいかがでしょう。

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。