温活セルフケアダイアリー

オートミールとココナッツオイルでうるおい美肌! 100%天然入浴剤を作ってみよう

date 2016.1.29

体温を一番簡単に上げる方法をご存知ですか? 実は皆さんが毎日行っていることだったりします。そう、「入浴」です。身体が温まるのは温かい血液が全身に巡るから。よって、血液循環を促してくれる入浴は温活に欠かせないツールとなるわけです。また、温かいお湯に浸かると副交感神経が優位となり、緊張して硬くなった心身がときほぐされてリラックス状態へ。一日の疲れを吹き飛ばしてくれるほか、心地よい入眠まで導いてくれるのです。女性にとっては嬉しい限りですよね!

しかし、単にお風呂に浸かるだけではダメ。目的に応じてお湯の温度や浸かる時間などを考える必要があります。リラックスしたいなら、38~40度のするりとお湯に落ちても熱く感じない湯温(個人差があります、ご自分の肌でお確かめください)で、肩までどっぷり15分から20分ほど浸かってみましょう。身体の芯がぽかぽかするのを実感できるはず。そんなお風呂タイムに、さらなる温熱効果と美容効果をプラスしたいなら、こちらでご紹介する「オートミールとココナッツオイルの天然美肌入浴剤」をぜひ試してみて。乾燥しやすいボディをしっとりなめらかに仕上げてくれます。

「オートミールとココナッツオイルの天然美肌入浴剤」の作り方

(用意するもの)

  • オートミール 適量(大3~4)
  • ココナッツオイル 少量(小1〜2)
  • ガーゼハンカチ、もしくは巾着

(1) オートミールをボウルに入れて、ココナッツオイルとしっかり混ぜ合わせます。

m1

(2) (1)をガーゼハンカチの真ん中に置いて包み、しっかりゴムでとめます。

m2

(3) (2)を湯船に入れて、手で揉みほぐしながら浸かります。

m3

オートミールとはオート(燕麦・えんばく)を押しつぶして食用に加工したもの。ビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれるため、ヨーロッパでは健康食として親しまれています。また、お肌にうるおいを与えてかゆみを抑えることから、ドイツでは皮膚炎などにオート浴が用いられるとか。ココナッツオイルの脂肪分がお肌をやわらかくしてオートの成分と溶け合い、身体にしっとり馴染むのがわかります。ココナッツの香りに包まれて極上のバスタイムを過ごしてみてはいかが?

erikoさん

セラピスト Eriko

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。