温活美人先生

エリカ・アンギャルのあたため美人になる10の食習慣 第8回「孤独感が体温を下げるという研究と今すぐ温まりたい!そんな時のとっておきTIPS」

date 2016.1.6

erica01

孤独感が体温を下げるという研究と今すぐ温まりたい!そんな時のとっておきTIPS

● 孤独感が体温を下げる?

何を考えているか、何を感じているかなどの心の状態は、カラダ全体の働きと大きく連動しています。
頭で考えたイメージは、脳からの指令と結びついて、私たちのカラダを調整する機能に影響を与えているからです。

例えば、寂しい時や拒絶感や孤独感を感じている人は、交感神経の働きが優位になり手足の血管が縮まって、実際の気温よりも寒いと感じるようになるという実験の結果があります。
そんな時には、気持ちを落ち着かせるような温かい飲み物を飲むのが効果的。それにより、このような反応が抑えられることもわかっています。

とはいっても、孤独感を根本的に解決するためには人間同士の温かな交流が重要です。
寒い冬だからこそ積極的に外に出て、人との交流を深めるようにしましょう。

● イメージの力で温めよう!

このような脳の仕組みを使えば、自分の意志でカラダを温めることも可能です。
腹式呼吸を意識しながら、カラダの力を抜いて目をつむり、背骨の一番下から火が燃えて、背骨を上がってくる様子をイメージしてみて。

不思議に思うかもしれないけれども、これは、自分の意志で体温を上昇させることができるヒマラヤの尼僧たちの研究に基づいた裏付けのある方法で、この方法を使って、Tシャツとサンダルだけでキリマンジェロに登った人がいるくらい、強力なパワーを持つことがわかっています。

もちろん、ここまで究めるためには特別な修業が必要ですが、このようなイメージの力は、私たちのような普通の人であっても、味方につけることができるはず。
ビーチでの日光浴や、美しい日の出など、あなたが好きなシーンをイメージするのもいいかもしれませんね。
いつでもどこでも取り入れられる方法なので、ぜひ試してみてください。

● すぐにカラダが温まる簡単習慣

カラダを温めるために、冷え性の人にぜひ取り入れて欲しい習慣のひとつは、「ドライスキンブラッシング」。皮膚の表面の血行がよくなり、リンパも刺激するので、すぐに温まりたいときにもおすすめです。

e1

【ドライ・ボディブラッシング】

シャワーやお風呂の前に、乾いた肌を柄付きのブラシで全身をブラッシング。リンパの流れがよくなり、血行を促進して、冷えとむくみを解消します。お腹周りなど、皮膚が柔らかいところは、やさしくブラシをあてましょう。

また、シナモンやクローブ、唐辛子やターメリックなどのカラダを温めるスパイスを、食事に取り入れるのも効果的。
シナモンをプラスしたカプチーノやチャイ、スパイスを入れたホットワインなどの飲み物も、手軽に楽しめるのでおすすめです。

冷え性の人にとっては、つらいこの季節。このような温めTIPSを、楽しみながら取り入れてみてくださいね。

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。