温活news

「3つの首」をカバー! 冬を乗り切る防寒ファッション

date 2015.11.30

SONY DSC

「あったかインナーや防寒グッズが手放せない」という人も多いのではないでしょうか? 防寒のためには、闇雲に重ね着するのではなく、より効果的に体をあたためましょう。

防寒ファッションで、必ずおさえておきたいのが“首・手首・足首”という “3つの首”と呼ばれる部分をあたためること。この3つは、皮膚が薄く、血管が近くを通っている部分のため、あたためることで、体感温度が上がると考えられています。

首元は室外ではマフラーを巻き、オフィスなど室内では薄手のストールを巻いてさりげなくあたたかさをキープ。手首は、外出時には手袋やアームウォームを忘れずに。また、できるだけ手首が露出しないようなトップスを選びましょう。足首は、厚手の靴下やレッグウォーマーで足元からの冷えをしっかりガード。オフィスでも、薄手のストッキングではなく、タイツを選ぶのがおすすめです。

次に、防寒対策のポイントとなるのが“あたたかい空気も一緒に着る”こと。体と衣服の合間に空気があることをイメージして、重ね着をするのがコツです。外は寒く、室内は暖房が効いている時期なので、汗でからだを冷やさないよう、体温調節をする意味でも、着脱のできるような重ね着が賢明です。

逆に、避けたほうがよいのは、からだをしめつけるような服を着ること。からだにフィットするため、あたたかいような気がするかもしれませんが、締め付けにより、かえって血行が悪くなってしまうことも……。きついストッキングの重ね履きなどは逆効果になるのでご注意ください。防寒ファッションのコツをつかんで、寒い冬を乗り切ってくださいね。

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。