温活セルフケアダイアリー

“霜降”は、ジンジャー葛ドリンクでポカポカ温活!

date 2015.10.21

DSC07373

二十四節気では霜降(そうこう)と呼ばれる時期。
その名の通り、初霜が出はじめて、ぐっと冷え込みを感じることが増えます。
寒さを感じたら、カラダを内側からポカポカさせる飲物で温活しましょう♪
今日は葛粉を使った簡単ジンジャードリンクをご紹介!

葛といえば、くずもちや葛きり、お菓子としても有名ですよね。
マメ科のつる性の植物で、根っこに含まれるでんぷんを食用として使用しています。
ちなみに、根を乾燥させたものは「葛根(かっこん)」と呼ばれ、発汗や鎮痛、胃腸不良の民間薬として使われてきたのです。
だから葛湯はカラダをあたためる温活にはうってつけの飲物。

■ 簡単ジンジャー葛ドリンクの作り方

<準備するもの>

  • 水 180ml
  • 葛粉 小さじ2
  • ドライジンジャーパウダー お好みの量
  • はちみつ(お好みで)
  1. 手鍋に葛粉、水、ドライジンジャーパウダーをいれて、弱火〜中火で温めます。ゆっくりかき混ぜながら様子をみましょう。
  2. 沸騰したら弱火にして、とろみが出るまでかき混ぜます。
  3. カップに注いで、はちみつを加えます。

■ 素材選びのポイントはこちら!

  • できれば葛粉は本葛粉を使用しましょう
  • ジンジャー(生姜)は生よりも乾燥タイプをオススメします。
    乾燥した生姜は深部の冷えに効果的!
    ドライジンジャーならば保存も便利です。できればオーガニックのものを使用しましょう。
  • はちみつは非加熱のタイプをオススメします。
    せっかく酵素たっぷりの非加熱はちみつを使うなら、鍋で温めすぎないように、注いだカップの中で加えるのがベスト。
    砂糖を使うなら、精製された白い砂糖でなく、ミネラルの豊富なココナッツシュガーや甜菜糖、黒糖がオススメ。味の好みで選んでみて。

どうでしょう? すごく簡単でカラダもポカポカになりますよね。
意外と満足感があるので、甘味の入れ過ぎに注意すればダイエット時のおやつ代わりにもなります。
低カロリーでカラダを温める葛粉ドリンク、この秋はじめてみませんか。

笹本さん

ホリスティックLifeコンシェルジュ 笹本 英恵

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。