温活news

呼吸を見直して、リラックス温活美人に

date 2015.10.13

8b5ab5384015a1a3dc29ca0680470c40_s

仕事などで集中しているとき、気づけば奥歯を強く噛んで呼吸が止まっていたりしないでしょうか。ストレスがかかったり、猫背など姿勢の悪い状態でいたりすると、呼吸が浅くなりがちです。呼吸が浅くなると、カラダが酸素不足状態になり、冷えにつながります。

ときには、意識して呼吸を行うことが大切です。深呼吸を一回するだけでも、カラダの奥からほぐれて血の巡りがよくなる感じがしますよね。

そこで、先日のイベント(朝活ビューティワークショップ「基礎体温+0.3℃ 朝からはじめる夏温活!」)でも好評だった、呼吸ヨガセラピストの平賀恭子先生に訊く“温活美人におすすめの呼吸法”を再度ご紹介したいと思います。

まず大切なのが、正しい腹式呼吸を行こと。腹式呼吸は自律神経を整え、おなかを動かすことで内臓が刺激され、温活にもつながります。

  1. おへその下(丹田)を意識して、おなかを膨らませるようにたっぷり息を吸い込みます。
  2. 吸うときの倍の時間をかけて、ゆっくり少しずつ息をはきます。背中にくっつけるイメージで、おなかを徐々に引っ込めていきましょう。

これ以上出ない!というまで息を吐くと、自然に息をたくさん吸い込むことができます。吸うことより、吐くことを意識して行うと良いようです。

さらに、平賀恭子先生がオススメされていたのが「片鼻呼吸」。片方の鼻を抑えて左右交互に呼吸することで、自律神経のバランスを整えたり、肺の機能が高まることでむくみ解消効果もあるそうです。

  1. まず、右の鼻をおさえ、左の鼻から息を吐ききる
  2. 次に左の鼻から息を吸ったら、左の鼻をおさえ右の鼻から息を吐く。
  3. そのまま右の鼻で息を吸い、右の鼻をおさえ、左の鼻で息を吐く。

これを1セットとし5分ほど繰り返すと効果的です。こちらも、吐く方に重点をおくのがポイント。

これらの呼吸法はデスクワークのあいまにもできますので、気づいたときに行ってみてはいかがでしょうか?

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。