温活セルフケアダイアリー

夏の疲労感を感じるカラダに 内臓の働きと女性ホルモンバランスをととのえるリカバリーヨガ

date 2015.8.7

いよいよ梅雨もあけて夏本番!

すでに暑さにぐったりされている方も多いのではないでしょうか。

 

この夏の猛暑は物理的ストレス(温度変化などによる身体への負担)となって、胃腸障害を引き起こすこともしばしば。

そう言われてみれば、暑い夏に消化不良を起こすことは多いですよね。

 

なぜ夏は胃腸の働きが弱まるのでしょう。

冷たいものや辛いものを食べたから? いいえ、それだけではありません。

実は自律神経の仕業によるところが大きいのです。

 

家ではクーラーのきいた部屋、外では灼熱の太陽の下、など急激な気温の変化のある状態に身を置くと、私たちの身体は一体どちらに適応すれば良いのか分からなくなって混乱してしまいます。それが自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。

 

自律神経の中でも、交感神経が優位になり過ぎたとき、消化液の分泌が減り、胃腸の動きも鈍くなり、胃もたれ、食欲不振や消化不良に陥ります。

また、副交感神経が優位に働き過ぎた場合には、胃液の分泌が過剰になることで胃の内部を傷つけ、胃痛や胃潰瘍を招くこともあります。

 

どちらに偏りすぎてもいけません。

バランスが大事になってくるということですね。

 

さて、この自律神経のバランスの調節を行うのが、脳の視床下部というところ。

視床下部は、自律神経だけでなく、女性ホルモン分泌の司令塔だということをご存知ですか?

そしてストレスにめっぽう弱いということも。

 

視床下部はストレスや睡眠不足に敏感に反応する器官なので、こういった昼夜の寒暖の差や睡眠不足は、私たちの自律神経のバランスや女性ホルモンの分泌に大きな影響を与えます。

 

さて、楽しいイベントが目白押しの夏。

胃腸が弱り、夏の疲労感でぐったり過ごすわけにはいきません。

ましてや、美人ホルモン(女性ホルモン)を枯渇させるなんてもってのほか。

 

今日は、美しく颯爽と夏を乗り切るために!

夏の疲労感を感じるカラダに。内臓の働きと女性ホルモンバランスをととのえるリカバリーヨガをお教えいたします。

 

 

1

①まず片膝を付き、少し状態を前にスライドさせます。

前の膝の真下にかかとがくるようにしましょう。

 

 

2

②次に前の足の横に反対側の手をつきます。

手は肩の真下になるように。もう片方の手は腰へ。

 

 

3

③腰に置いた手の方へ体を捻ります。

この時ウエストから捻るイメージで。目線は斜め上です。

 

 

4

④ゆっくり元に戻したら、今度は両手を前の足の反対側におきます。

もしも余裕があれば両肘を床についてみましょう。

 

 

いかがでしょうか。

膝を床についたポーズなので、比較的リラックスして行えるかと思います。

膝が痛いときは、下にタオルなどを敷いて行ってみて下さい。

 

捻りのポーズは内臓を活性化させ、夏の疲労感を優しく取り除いてくれる効果があります。

しかし、女性は腰痛を持つ方が多いので、腰に負担をかけないよう、③のように坐骨は床から浮かせて優しく捻るのがオススメです。

 

また、股関節ひらくようなポーズには女性ホルモンをUPさせる効果のあるものが多いです。

これもまた、股関節が硬い方が多いので、④のように片足ずつ優しく柔軟性を持たせてあげるのがポイント。

 

さらにこのポーズはリンパのある鼠蹊部(ももの付け根)を伸ばし刺激しているので、体のポンプ機能が正常に働くと言うメリットもあります。

滞った血流は冷え性やだるさの原因になりますからしっかりストレッチしてあげましょう。

暑い夏にぴったりのポーズです。

 

 

夏の疲労感は引きずると秋冬の冷え性の引き金になります。

今年の秋冬にいかにポカポカと代謝美人で過ごせるかは、すでに夏の過ごし方で決まるとも言えますね。

こういった簡単なエクササイズで内臓に疲労を溜めず、ぜひ暑い夏もスッキリ爽快に過ごしていきましょう!

 

 

中山さん

ヨガ&バレエ講師 中山めぐみ
http://www.bijinonkatsu.jp/onkatsu/109.html

 

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。