温活news

夏の今こそ温活! 今年の冬の寒さに負けない体を作る「白湯」

date 2015.8.10

白湯
本格的な暑さの毎日、まさに夏真っ盛り。夏バテや夏風邪など体調を崩していませんか? 逆に、冬ではどうにもならなかった手足の冷えが、暑い夏の間には緩和されていることもあるでしょう。冷え対策をしばし忘れられる、お休みの時期かもしれません。

しかし、夏こそ冷え改善のチャンスです。暑さを味方にして、ぽかぽかの体を習慣づけておくのです。

とっても簡単な白湯を使った冷え性改善法をご紹介します。白湯、つまりお湯です。沸騰したお湯を冷ましたものが基本ですが、ミネラルウォーターを電子レンジであたためたものや、ウォーターサーバーの熱湯と冷水をあわせたものでも大丈夫です。熱々ではなく、体温より少し高いくらいの温度が適温です。

その白湯を、まず起きてゆっくりと一杯。おなかの中を、あたためながらやさしく起こしてあげましょう。そしてランチとともに一杯。入浴前後にも一杯ずつ。寝る前にもう一杯飲みます。冷たいものをがぶがぶ飲みたくなってしまったときも、まずは白湯を一杯飲むと喉の渇きがおさまってきます。ですが、多くとも1日に1リットル以内にしましょう。

白湯でおなかが常にあたたまっていると熱が生まれやすくなります。体温があがると代謝もあがるので、今年は冬に冷えない強い体に近づけるかもしれません。もちろん夏バテ、夏風邪防止にも役立ってくれるでしょう。
寒い時期を見据えた夏温活で、今年の冬を変えましょう!

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。