温活セルフケアダイアリー

座ったままでポカポカになる7つのループエクササイズ

date 2015.7.3

だんだんと真夏日のような気温も観測するようになりましたね。
そんな暑い日は、オフィスで、セミナー会場で、至る所でクーラーフル稼働です。
夏なのに、冬か?というくらい寒い場所もありますよね。
じつは私もまさに今、飛行機の中で涼しさを越えて初冬の寒気を感じております。
寒い…でも動けない…シートベルトの着用サインが消えない! どうしたらいいの?

ということで、クーラーが効きすぎて寒いとき、しかも椅子から容易に動けない状況にあるときにできる、
「座ったままでポカポカになる7つのループエクササイズ」
を今日はみなさんにお教えしたいと思います。

一部のヨガにある考え方なのですが、おおよそチャクラに合わせて人間には7つのループがあると言われます。
「首」と名のつくところを回していくと身体が温まる、というのは聞いたことがある方も多いでしょう。
今回はそれに加え、この7つのループを回していくことで、座ったままで滞った全身の気を流してポカポカにしていく方法をお伝えします。

なにやらスピリチュアルに思われるかもしれませんが、運動生理学的にも理にかなったエクササイズですよ。

<エクササイズの手順>

1のループ

まずは、足を揃え、つま先立ちになります。
そこから、かかとで円を描くように足首を動かしていきましょう。

1

右回りに5回、左回りに5回です。

2のループ

次に両膝に両手を置き、膝小僧で円を描くように回していきます。
同じく、右回りに5回、左回りに5回です。

3、4、5、6のループ

今度はまとめて回す離れ業です。
両手を背中の後ろで組み、両肘を持ちます。
この時思いっきり腰を反らせ胸を開き、お尻を突き出します。

2

次は写真のように両肘を交差させ、手の平を合わせます。
この時おへそを覗き込むように骨盤を後ろに倒し背中を丸くしましょう。
肩甲骨がどんどん左右に広がっていくイメージを持てたらOKです。

3

これを5セットします。
慣れてきたらウエストを回しながらやってみてください。

7のループ

最後は首を回しましょう。(普通に)

これも足首と同じく左右5回ずつですが、慣れてきたら足首と首を同時にすることもできます。
最初は一緒にやると、かかとと一緒に両肩も上がって捻れ、不思議な動きになります。(誰かで試してやってみてください)
いかに両肩をリラックスしたままできるか、それがポイントになります。

さて、これで7つのループを回し終えました。
いかがでしたでしょうか?
なんだか、全身にポカポカの気が巡り、末端に血液が循環していく感じが分かるかと思います。

<ところで、「3、4、5、6のループってなんですか?>というあなたに、その答えをお教えしましょう。

3のループは骨盤、4はウエスト、5は胸、6は肩(肩甲骨)です。
上で挙げたエクササイズは、これら4つを同時に動かせるようプログラムしました。
加えて、何気に肘関節と手首も動かせるという、なんと“一石六鳥”のエクササイズ!

本来、肩甲骨を回すのは両手を両肩に乗せて肘で円を描くのが手っ取り早く、効果的ですが、動きが大きく目立つこと請け合いなので、今回は移動中やオフィスでも行なえる肩下で行えるバージョンをご紹介しています。
夏だからと言って侮るなかれ、オフィスや施設内での冷えを甘くみてはいけません。
椅子から立てないときは、1時間に1回はこのループエクササイズをして、クーラー冷え知らずの知的美人を目指しましょう!

5

ヨガ&バレエ講師 中山めぐみ

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。