温活news

体を冷やさない夏野菜の食べ方

date 2015.6.22

名称未設定 1
冷たいものを飲み食いしたくなる季節を迎えても、あたたかいものや体を冷やさないものを選んで食べている冷え性の方は多いのではないでしょうか。この時期においしい夏野菜は、生野菜は水分が多いので、体を冷やしてしまうことから冷え症にはあまり好ましくない食べ物という認識していませんか?
旬の食べ物は、本来その季節に必要な栄養を蓄えているものです。食べ方さえ意識すれば冷えを気にせず夏野菜を食べることができます!

一番手っ取り早いのは、何といっても火を通してしまうこと。トマトはパスタのソースにしたり、スープにしたり。ナスは焼きナス、麻婆ナスなどレシピが豊富です。キュウリ・ズッキーニもナンプラーで炒めるなどしておいしく食べられます。
しかし野菜は火を通してしまうと減ってしまう栄養があるのも確か。新鮮な生野菜をそのまま食べたい! という方は、常温の状態で食べましょう。野菜が冷えていなければ、必要以上に体を冷やすことはありません。
冷やしトマト、冷やしキュウリもおいしいけれど、常温で食べると甘味や香りがいつもより濃く感じられるというメリットもあります。
旬の素材をおいしく、健康的に食べて夏を楽しみましょう。

【やってみよう「レシピ」】
http://www.healthcare.omron.co.jp/bijin/bijin/yattemiyo/recipe.html#

【パクチーと鳥肉のスープで夏冷え解消!】
http://www.bijinonkatsu.jp/onkatsu/1095.html

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。