温活セルフケアダイアリー

二の腕と足のすっきりボディを目指す! 肩甲骨ほぐしの冷え性撃退ヨガポーズ

date 2016.12.30

いよいよ寒さも本番、冷え性を抱える女性には辛い季節になってきましたね。
とくに、この季節になると肩こりや腰痛、偏頭痛に悩まされる方、もしかするとそれは冷え性が原因かもしれません。

冷え性の原因は血流の悪さにありますが、特に、血液の流れが滞りやすいのが肩甲骨周りです。

今の女性は圧倒的に肩甲骨を動かす機会が少ないと常々感じていますが、皆さんは日頃意識して肩甲骨を動かしていますか?
手を上げたり下げたりするだけでは、思いの外肩甲骨は動かず、不十分です。
加えて、もしも運動不足であれば“肩甲骨の癒着”といって、肩甲骨が肋骨周辺の筋肉とまるでくっついたようになり、更に動きが鈍くなります。

肩甲骨の動きが悪くなると、冷え性だけでなく太りやすい原因にも。
肩甲骨周りに多いとされる「褐色脂肪細胞」は、それを活性化させることにより脂肪の燃焼に非常に有効な細胞として、随分前から活発に研究が進んでいます。

理屈はさておき、とにかく日常生活での動きでは得られない肩甲骨の可動域を感じながら、毎日少しずつエクササイズするのがおススメ。

そこで今日は、この季節の冷え性改善に効果のある、ヨガのポーズ、「鷲のポーズ(ガルーダーサナ)」をご紹介したいと思います!

<鷲のポーズの手順>

鷲のポーズ(ガルーダーサナ)

  1. 足を揃えてまっすぐに立ちます。
    やや膝を曲げて左足を持ち上げ、右足でバランスをとりながら、左腿を右腿の上に重ね、足の甲を右ふくらはぎの下の方へからめます。
    息を吸って、吐きながら軸足を更に深く曲げて重心を真っすぐに下に降ろします。
  2. 両腕をまっすぐ前に伸ばして床と平行にし、肩甲骨を左右に広げます。
    体の前で右腕が上になるように腕を交差させて、肘を曲げ、右肘を左腕に密着させ、左腕が床に対して直角になるようにして両手の平を合わせます。
    余裕があれば手の平は強く押し合わせるように行って下さい。
  3. 肘は落ちないようにして、指先をまっすぐ天井のほうへ向けて伸ばしましょう。
    吐く息で上体を前に倒します。
    呼吸を止めずに15〜30秒ポーズを維持してみましょう。
    同じように腕と脚を反対にして繰り返します。

ポイントは、軸足になる方の足の裏3点(かかと、親指の付け根、小指の付け根)でしっかりと床を感じて、安定した土台を意識して作ることです。

鷲のポーズ(ガルーダーサナ)

また、この写真のようにももの付け根をぐっと後ろに引き、頭頂とお尻で引っぱり合うようなイメージでバランスを取りましょう。

このポーズは、足首とふくらはぎのストレッチとしても有効なので、第2の心臓と言われるふくらはぎの筋肉をしなやかにするのにもちょうどいいと思います。

また、二の腕と足全体を引き締めるのにも非常に効果的です。
特に足は、ももの内側の筋肉を使って足が解けないように意識して行うと、足のラインを綺麗にする筋肉にうまくスイッチが入りますよ。

もしも、手がうまくからめられない時は、タオル等を使った軽減法で行って下さい。
しばらく続けるうちに、肩甲骨の動きが滑らかになり、容易に手がからめられるようになるはずです。

肩甲骨とふくらはぎ、ダブルでアプローチできるこのポーズで、ぜひ冷え性知らずのすっきりボディを目指していきましょう!

Model:izumi

中山さん
ヨガ&バレエ講師 中山めぐみ

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。