温活美人先生

温活ビューティカウンセリング第13回「むくみ撃退!最強プログラム」

date 2016.8.17

kishi13

夏、冷房の中と炎天下を行き来して最も辛くなるのが、脚のむくみではありませんか? 夜、オフィスを出る頃には、脚が朝の倍くらいに太く重たくなってるなんてこと、「あるある」ですよね。

基本的に、むくみは「座りっぱなし」が一番よろしくありません。ふくらはぎの筋肉を一切使わないので、足に溜まった老廃物がリンパを通って排出されるための動力サポートがないからです。ちなみに「立ちっぱなし」の方が、少なくとも体重を支える、という筋力を使うのでまだマシです。

デスクワークの多い方は、30分に一度は3分立ち歩くとか、ゴルフボール大のスーパーボール(その方が音がしません。突起のあるタイプだとベスト)を足元に置いておいてコロコロと足裏を刺激するのが効果的です。

内側からのケアとしては、余分な水分を排出する働きのある「カリウム」を豊富に含むものを積極的に取り入れましょう。

たとえば、アボカド、バナナ、キウイ、わかめなどはカリウムが豊富な食品です。また、ドライフルーツもカリウムが豊富。特にアプリコットのカリウム含有量はダントツなので、おやつにはアプリコットとアーモンドのトレイルなんて、むくみ対策に最高ですね。逆に、塩分の強いものや小麦のとり過ぎは、むくみの原因になるので控えめに。

ホームケアでむくみとりマッサージをするなら、「ジュニパー」「サイプレス」といった利尿作用の高い精油をグレープシードオイルなどのキャリアオイルに混ぜて、マッサージオイルに使ってみましょう。翌朝のふくらはぎの細さが全く違います。

むくみ対策マッサージには、①膝裏、②足裏の中央から内くるぶしの下にかけての「尿管・膀胱」反射区、③ふくらはぎの3点を刺激するのがポイントです。


BenikoKishi_prof_1

岸 紅子
NPO法人日本ホリスティックビューティ協会代表理事
ホリスティック美容家

大学時代にホリスティック医療と出会い、多くの代替療法を研究。美容家としていち早く、ホリスティック(包括的)ビューティのメッセージを発信し、NPO法人日本ホリスティックビューティ協会を設立。2010年秋から「ホリスティックビューティ検定」開始。国内外で検定やセミナーを通じて自然治癒力の高め方やセルフケアを伝えている。

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。