温活news

1分夏温活「ハッカ油を使ってエアコンに頼らず涼しく過ごす」他: 8月第1週のまとめ

date 2016.8.8

オムロン式美人公式Facebookページで毎日更新中の「1分夏温活」、今週のまとめです。


月曜日 夏温活きほんのき

13891853_651030385045829_6995789395535118293_n

【1分夏温活:汗を出す知恵】

冷房が効いた室内と、熱い外気との激しい気温差は自律神経の乱れにつながり、疲労、不眠、頭痛、便秘や下痢、生理不順、生理痛などの万病のもととなります。急激な温度変化をダイレクトに受けないためには、

  • 調整しやすい服装にしましょう。
  • 暑い外から涼しい屋内に入り、汗をかいてそのままにしておくと体温は急激に奪われますので、汗の処理はお早めに。残しておくと肌にも塩害となって負担です。

<生活習慣にも気遣いを>
むくみがあったり、“火照るのに手足は冷たい”という方、夏冷えを感じる方は、運動をして汗をかくか、湯船に浸かって汗をかく習慣を持ちましょう。運動は早歩きやスロージョグで代謝をあげる程度、入浴は38~40℃くらいのぬるめのお湯に浸かり、どちらも汗がじんわり出るまでするのがポイントです。


火曜日 夏温活グッズ

eb268c12f4bb0603c1501d4e372deef9_s

【1分夏温活:ハッカ油を使ってエアコンに頼らず涼しく過ごす】

エアコンでカラダを冷やしてしまい、不調になっているときにオススメしたいのが、薬局などで気軽に購入できるハッカ油。その使い方をご紹介します。

<入浴剤として>
お湯を張った浴槽に、ハッカ油を3~4滴たらし、よく混ぜてから入浴してみてください。スッキリ爽快なバスタイムを過ごせますよ。

<リネンウォーターとして>
ハッカ油2mlをエタノール10mlにとかし、90mlの水(水道水で構いませんが、お肌に使用する際はミネラルウォーターや精製水を利用してください)で割ったものをスプレーボトルに入れれば、手作りハッカ油スプレーの完成。これを、カーテンや枕などのベッドリネンなどにシュッとしてみてください。スースーと気持ちよく、よく眠れます。また、ダニ除けや虫除けのうれしい効果も!

<ルームフレグランスとして>
ハッカ油のさわやかな香りには、リラクゼーション効果も。コットンにハッカ油を適量たらしたものを部屋に置いておけば、爽快な香りが部屋をつつみ、気持ちもクールダウン! ニオイの気になる玄関やお手洗い、台所にもオススメです。

<マッサージに>
ハッカ油には、血行をよくしてくれる効果も。お手持ちのボディクリームに1滴混ぜれば、夏でも気持ちの良いマッサージクリームに大変身。エアコンで乾燥した肌にうるおいも与えます。

<利用にあたっての注意点>

  • 刺激が強いため、原液の扱いにはご注意を。そのままお肌に触れても問題ありませんが、目の周りなどはさけてください。
  • 肌の弱い方は、上記のようにクリームなどに混ぜて使いましょう。
  • ハッカ油による冷感効果は、あくまで体感的なものです。熱中症にならないよう、適度なエアコン使用と水分の摂取は忘れずに!

水曜日 夏温活プチトレ

e1

【1分夏温活:筋肉をつけて冷えにくいカラダを目指す】

この時期は冷えを溜めこみやすいカラダになりがち。夏こそ熱を出す性質を持つ筋肉を味方につけて、健康的に引き締まった冷えにくいカラダを目指しましょう。

<筋肉をつけるには?>
運動が第一! もっとも大きな筋肉である太ももやお尻の筋肉を鍛える スクワットやランジといったエクササイズが効果的です。

<筋肉をつけるのにオススメの運動>
「腰割り」はスクワットに比べて膝や腰に負担が少なく、腰痛防止にもなります。

<筋肉と脂肪の量を測定できる“体組成計”もオススメ>
トレーニングの結果を目で見て確認する体組成計は励みになるはず。体重が増えたとしても、筋肉が増えていれば、成果が表れている証拠です。

<たんぱく質を毎食必ず食べる>
食事は、たんぱく質を忘れずに食べること。たんぱく質は、筋肉の材料になるだけではなく、消化の中でたくさんの熱を生み出し、カラダを温めてくれます。 魚や肉、卵、豆腐や納豆などの大豆製品の中から手のひらひとつ分くらいを目安に、毎食忘れずに食べることを心がけて。特に魚はおすすめのたんぱく質ですが、時間がない時にはスモークサーモンやツナの水煮の缶づめを利用するのもよいでしょう。


木曜日 夏温活美人さん

2 3 1

【1分夏温活: 夏温活美人さん・中山めぐみさん】

今日の夏温活美人さんは、ヨガインストラクター・バレエ講師の中山めぐみさん。自身の出産を期に託児ルーム併設のヨガスタジオをオープン。日本バレエリトミック協会代表理事。全米ヨガアライアンスRYT200取得。福岡グラースアカデミーを立ち上げ、ホリスティックに美と健康が学べる学校の校長としても活動中です。 そんな中山さんオススメの、クーラーが効きすぎて寒いとき、移動中やオフィスでもあまり目立たずに行なえる、“座ったままでポカポカになる7つのループエクササイズ”をお教えします。

<エクササイズの手順>
1(足首)のループ まずは、足を揃え、つま先立ちになります。そこから、かかとで円を描くように足首を動かしていきましょう。右回りに5回、左回りに5回です。
2(手と膝小僧)のループ 次に両膝に両手を置き、膝小僧で円を描くように回していきます。同じく、右回りに5回、左回りに5回です。
3(骨盤)、4(ウエスト)、5(胸)、6(肩)のループ 今度はまとめて回す離れ業です。 両手を背中の後ろで組み、両肘を持ちます。この時思いっきり腰を反らせ胸を開き、お尻を突き出します。 つぎに、カラダの前に持ってきた両肘を交差させ、手の平を合わせます。この時おへそを覗き込むように骨盤を後ろに倒し背中を丸くしましょう。肩甲骨がどんどん左右に広がっていくイメージを持てたらOKです。 これを5セットします。慣れてきたらウエストを回しながらやってみてください。
7(首)のループ 最後は首を回しましょう(普通に)。 これも足首と同じく左右5回ずつですが、慣れてきたら足首と首を同時にすることもできます。

7つのループを回し終えると、全身にポカポカの気が巡り、末端に血液が循環していく感じが分かるかと思います。 椅子から立てないときは、1時間に1回はこのループエクササイズをして、クーラー冷え知らずの知的美人を目指しましょう!


金曜日 夏温活レシピ

13880361_652695551545979_4527002719926236062_n

【1分夏温活:スパイスたっぷりなドライカレーで夏を乗り切ろう】

夏といえばカレー!という方も多いでしょうが、ちょっとカロリーが気になりますよね。ここでは、ヘルシーで、手間も少なく、たっぷりの野菜とスパイス効果で温活にもぴったりなドライカレーの作り方をご紹介します。

●温活ドライカレーの作り方

<材料> 2人分

  • お好みの野菜…… たっぷり!
  • タマネギ…… 中1個
  • 豚ひき肉…… 100g
  • ショウガ、ニンニク…… 各1片
  • オリーブオイル…… 大さじ1
  • カレー粉…… 大さじ1
  • * 粉末コンソメ…… 小さじ1
  • * トマトケチャップ…… 大さじ1
  • * 中濃ソース…… 大さじ1
  1. フライパンにオリーブオイルをひき、みじん切りにしたショウガ・ニンニクを弱火で炒め、香りを出す。
  2. ①に、豚ひき肉と、1cm角に切った野菜とタマネギを入れ炒める。
  3. ②のカレー粉を入れ、粉っぽさがなくなったら*を入れ、さらに炒めたら完成です。味が足りなければ、塩・コショウで調味してください。

これを十五穀米などとお皿に盛れば、まるでカフェランチ! 野菜は、カラダをあたためるカボチャ、人参、しいたけ、ピーマン、レンコンなどがオススメです。 ニンニクやショウガ、スパイスでカラダの奥からポカポカになれますよ。


1分夏温活は、オムロン式美人公式Facebookページで毎日更新中!
⇒ https://www.facebook.com/omronshikibijin/

夏温活グッズ、プレゼント中! 8月のプレゼントは、北見ハッカ「ミントギフトセット」です。
⇒ http://www.bijinonkatsu.jp/onkatsu/1055.html

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。