温活セルフケアダイアリー

ミントの香りで頭もカラダもクールダウン!

date 2016.8.12

太陽が照りつける中、お店に駆け込んで冷たいおしぼりを広げた瞬間ふわ~っとミントの香り!
頭の中まで一気にクールダウンする感じ。本当に気持ちいいですよね。
実は、ミントの香りを嗅ぐだけで体感温度が4℃下がると言われています。
クーラーの使い過ぎで起きる「夏冷え」を避けるためにも、今年の夏はミントの香りを上手にとりいれてクールダウンをはかりましょう。

■ 長距離ドライブにも大活躍! 簡単アロマおしぼりの作り方

自宅でも簡単に再現できるアロマおしぼりの作り方をご紹介。
朝つくっておくと、帰宅時にひんやり出来上がっています。

<アロマおしぼりの作り方>

  1. 洗面台に水を張ってミントの精油を1~3滴ほど垂らします。
  2. タオルで精油をすくうようにして、おしぼりを作ります。
  3. 密封袋にいれて冷蔵庫へ。

オススメはドライブのお供!

お出かけ前夜に仕込んだら、密封袋にいれて冷凍庫へ。
翌朝は密封袋ごと保冷バッグにいれましょう。
保冷剤代わりになりますので、一緒にいれたドリンクも冷たいまま。
ドライバーさんが疲れてきた頃に取り出すと、ちょうどよい柔らかさと冷たさになっているハズ。
首筋やお顔、手を拭くだけでリフレッシュ!!
車内にいい香りが漂って、同乗者全員の眠気さましにもなります。

快適ドライブで夏の行楽を楽しんで下さいね♪

■ リフレッシュ、消臭、イライラにもミントの香り

足浴に、扇子に、ミントシュガーに、飲み物に…様々な利用法があるミントの香り。簡単に取り入れられる活用法、一気にご紹介しましょう。

<簡単ミント足浴>
洗面器に心地よい温度のお湯を足首くらいまではって、ミントの精油を1~2滴いれてかき混ぜましょう。冷房で冷えた足の血流がよくなり、気分もリフレッシュできます。

笹本さん画像

<飲み物にトッピング>
アイスティーや炭酸水に生のミントを添えてみましょう。
清涼感が増すので、氷の量を減らせるかも!
冷たいモノの飲み過ぎは内部からの冷えを促進させますので、なるべく常温に近い温度で飲みたいですね。

<ミントシュガー>
ホットドリンクにはミントシュガーもオススメ。
ミルクティーに加えると意外な美味しさです!
乾燥ミントをパウダー状にして、お好みの砂糖とまぜれば出来上がり。
私はきび糖に混ぜたものをヨーグルトにかけたり、トーストにバター+ミントシュガーで食べています。なかなか美味しい♪
乾燥ミントはハーブティー材料として販売されているものや、ご自宅で育てた生のミント葉を乾燥させたものでもOK。

<布にたらして消臭に>
不要になった布をカットして、ミントの精油を垂らします。
下駄箱や洋服ダンス、部屋の角に奥だけでも消臭効果が得られます。

<イライラした時に>
暑さで気がこもりやすいこの季節。ささいなことでもイライラしたら、ミントの香りで払拭しましょう。気の巡りをよくすることで、リラックスへ導きます。
ハンカチやティッシュにミントの精油を1滴垂らすだけでもOK!
扇子やうちわに垂らしてあおぐのも心地よいですね。
ただし、精油がシミになる可能性があるのでご注意下さい。

笹本さん画像2

<バスソルトに>
ガラス容器に塩をいれて、ミントの精油を1~3滴。
蓋をしてシャカシャカと混ぜ合わせれば出来上がり!
一回分は大さじ2程度で十分です。
肌がぴりぴりしたら洗い流して下さい。
敏感肌の場合、お皿にお湯をいれて精油を垂らし、湯船の近くに置くだけでもミントの香りを楽しめます♪

 

笹本さん
ホリスティックLifeコンシェルジュ 笹本英恵

 

今月のプレゼントは、北見ハッカ「ミントギフトセット」! 応募は2016年8月31日まで。
⇒ http://www.bijinonkatsu.jp/onkatsu/1055.html

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。