温活セルフケアダイアリー

8の字ヨガエクササイズで夏温活“内臓冷え”解消

date 2016.7.22

わたしの住む福岡では、ジメジメ梅雨も明け、真夏日を観測する日が増えてきました。
冷房による夏の冷え性は既に皆さんご存知かと思いますが、最近は“内臓冷え”による夏の冷え性に注目が集まっています。

体の倦怠感や肩こり、ストレス、疲労感…
夏バテのような体の不調を感じるとき、

  • 出来るだけ冷房の設定温度を上げる
  • 冷房の効いた部屋ではカーディガンやひざ掛けを活用
  • 座ったままの姿勢が続く時は首や足首を動かす等して血流を促す

といった、すぐに出来る方法はとても有効です。

しかし一方で内臓の冷えによる夏の冷え性は、冷房というより、冷たい飲み物や体を冷やす食品を摂りすぎることに原因があると言われています。

暑い日は手が伸びがちな、キンキンに冷えた炭酸飲料、フルーツやアイスクリーム。
私自身も、外食では温かいうどんよりも夏野菜サラダうどんをついつい選んでしまいます…

暑い夏に体を冷やすトマトやレタスやきゅうりといった夏野菜。
旬の野菜はその季節に合った恩恵を人間のカラダにもたらしてくれますが、冷蔵庫や冷房といった便利なものが当たり前になった現代では、日頃から運動習慣がある等、体を温めるチカラが体に備わっていないと、こういった体を冷やす飲食物は体温を下げるばかりか内臓までも冷やし、その働きを弱めてしまいます。

内臓の働きが弱まると老廃物を排出する機能も低下するので、特に足がむくみ、肌トラブルに悩まされることになります。
夏は水着に、オシャレな肌見せの洋服に、美脚勝負の生足ショートパンツスタイルに大忙しの季節。
見落としがちな夏の冷え性は、美容にとっても大敵と言えるでしょう。

つまり、夏でも温活「夏温活」は、肌トラブルとむくみ知らずの夏肌美人を目指す女性にとって最も重要なキーワードの一つ。
内臓冷えを解消し、夏だからこそ体の芯を血流でポカポカ元気にしていきましょう!

内臓冷えによる夏の冷え性の人は、上腹部の温度が下腹部の温度よりも低いのが特徴。
女性は骨盤周辺の臓器が複雑なため、もともと下腹部で血液がうっ血しやすく、上腹部に血流が行き届かず内臓が冷えてしまう傾向にあります。

そこに冷房の効いた部屋でデスクワーク続き、昼休みに体を冷やすランチを食べてしまうと…どうなるかはもう想像がつきますよね。

内臓冷えを防止するためにも、1日1回は意識的に骨盤周辺の血流を促す事が大切です。

そこで今日は、
「8の字ヨガエクササイズで夏温活 “内臓冷え”解消で夏肌美人」

効果的に骨盤周りをゆるめ、全身に血流を促すヨガエクササイズをお教えします。

naka1

1. 四つん這いの姿勢になります。手首は肩の下、膝は骨盤の下にセットしましょう。

2. 息を吸い、吐きながら背中を丸めます。目線はおへそに。

 

naka2

3. 息を吸いながら背中を反らせ胸を開き、尾骨を天井に突き上げます。目線は斜め上。

 

naka3

4. 今度は同じように行いつつ、お尻で8の字を描くように動いていきます。吐いて背中を丸めながらお尻を右下から左下に。

 

naka4

5. 吸って背中を反らせながらお尻を右上から左上に。

6. 4~5を呼吸とともに5セット繰り返します。

ポイントは骨盤周りを緩めるような意識で行うこと。
そして耳と肩の距離を遠くに意識しながら、出来るだけ肩の力を抜いてリラックスするように行うと良いでしょう。

内臓冷えによる夏の冷え性の原因は、決して体を冷やす食べ物だけではなく、ホルモンバランスの乱れや便秘、ストレス、出産経験もありますが、いずれにせよ、血流が良くないことに変わりはありません。

骨盤周辺の血流をこういったエクササイズで促すことは、夏美肌だけでなく女性が抱える月経痛等の改善にも繋がります。
是非1日1回、積極的に取り入れて、内臓冷えを解消して快適な夏を過ごす準備をしていきましょう。

MODEL:kankoro

 

中山さん
ヨガ&バレエ講師 中山めぐみ

 

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ニックネームはコメントと一緒に公開されます

関連記事

facebook omron式美人 すこやかな生活をお手伝い!健康や美に関する情報をお届けします。